医療コラム

COLUMN
2018/06/02

医療機関ホームページも規制対象に!禁止される広告を徹底解説!(1)

これまで、広告規制の対象外だった医療機関ホームページ。しかし、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインにより、医療機関ホームページも「広告」として取り扱われるようになりました。

前回の医療コラムでは、改正医療法と医療広告ガイドラインの概要、注意すべき3つの表現をご紹介しましたが、今回は「医療機関ホームページで禁止される広告」について詳しく解説します。

☆改正医療法・医療広告ガイドラインについて詳しくはこちら
医療法の改正に伴い、医療広告ガイドラインが変更になりました!

<Web担当者様・院長様必見!医療機関ホームページのNG広告まとめ>
▼禁止される広告の基本的な考え方とは?
▼「患者の体験談」「ビフォーアフター」も原則禁止に
▼虚偽広告は罰則付きで禁止!比較優良広告・誇大広告もNG


■禁止される広告の基本的な考え方とは?
人の生命・身体に関わるサービスである医療は、その専門性の高さから、患者側で情報の正誤を判断することはできません。したがって、患者が適切な受診機会を喪失したり、不適切な医療サービスを受けたりすることのないよう、医療法では下記に該当する広告を禁止しています。

<医療法で禁止される広告>
・虚偽広告
・比較優良広告
・誇大広告
・公序良俗に反する内容の広告
・患者その他の者の主観または伝聞に基づく、治療等の内容または効果に関する体験談の広告
・治療等の内容または効果について、患者等を誤認させる恐れがある治療等の前または後の写真等の広告

■「患者の体験談」「ビフォーアフター」も原則禁止に
医療機関ホームページで注意が必要なコンテンツとしては、患者様の声といった「患者の体験談」、治療前後を見せる「ビフォーアフター」が挙げられます。

【治療内容や効果に関する患者などの体験談広告】
集患を目的として、治療内容や効果に関する患者本人あるいは家族の体験談をホームページ上に載せることはできません。なぜなら、あくまで個人の感想だったとしても、治療について誤認を与える恐れがあるからです。

【治療内容や効果に関する治療前後の写真などの広告】
治療前後の様子を並べる「ビフォーアフター」に限らず、「治療前のみ」「治療後のみ」の写真・イラストを掲載することは禁じられています。ただし、写真と併せて詳細な説明を付記する場合は掲載が認められます。


■虚偽広告は罰則付きで禁止!比較優良広告・誇大広告もNG
医療法・医療広告ガイドラインに抵触しないためには、「虚偽広告」「比較優良広告」「誇大広告」の3点に気をつける必要があります。特に注意したのが「虚偽広告」。

次回コラムではそれぞれについての説明と、具体的な表記事例についてお伝えします。

>>医療機関ホームページも規制対象に!禁止される広告を徹底解説!(2)


Webサイト制作をお考えの方、お悩みがある方はお気軽にご連絡ください。

【無料進呈】医院に必要なコンテンツ一覧表と、成功するwebサイトガイドブックをプレゼントいたします。

※科目別にご用意しておりますので、担当よりお電話させていただき、お客様に合った資料をお持ちいたします。

お電話でのお問い合わせ

0000-000-000

【電話受付時間】
  9:00~18:00(土日祝除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ